第8回 海上合同操練実施 | ブログ | しまなみ海道と岩城島を直結「三光汽船株式会社」

第8回 海上合同操練実施

投稿日:2018/09/10

第8回 海上合同操練実施の画像2

尾道沖でフェリー海難事故訓練

フェリーの船上で漂流者を助ける訓練が尾道市の沖合で行われました。尾道市の生口島沖合で8日に行われた訓練には、広島や愛媛にある船会社の乗組員などおよそ60人が参加しました。

「これより海上漂流者救助操練を開始する。」

訓練は航行中のフェリーが海上で漂流している人を発見したという想定で行われました。現場へ救助に向かい、漂流中の人に浮き輪を投げて海から引き上げ、船内に収容しました。また、消火訓練やAEDを使っての救命講習なども行われました。

香川社長は「前例のないよきせぬ事がいつ起きるかわからない。そのための備えと身支度の為にも、常日頃そういった気持ちを高めていくといった事で、毎年させていただいております。」

訓練は地元の消防と連携して毎年実施されています。

第8回 海上合同操練実施の画像2

AEDを使った蘇生の実習

第8回 海上合同操練実施の画像3

声を掛ける

第8回 海上合同操練実施の画像4

胸を30回押さえて

第8回 海上合同操練実施の画像5

2回息を吹き入れる

第8回 海上合同操練実施の画像6

刺又を使っての防犯対策

第8回 海上合同操練実施の画像7

刺又を差し込み不審者確保

フェリーについてお問い合わせはこちらから

各種ご質問などはお気軽にお問い合わせください。

※スマホで閲覧されている場合

下記の電話番号ボタンを押しますと直接お電話いただけます。